効果

カテキンのダイエット効果

ダイエット茶に含まれるカテキンが、どのような効果を発揮するのか知っていますか?

健康に良いイメージはあるけれど、ダイエットに効くって本当なの?
一般女子

健康に良いことは知られているカテキン。

しかしダイエットにも効果があることについては、知らない人もいるのではないでしょうか。

そこで、カテキンがもたらすダイエット効果を具体的に解説します。

ダイエットはもちろん、美容にも嬉しい効果を発揮する成分なんですよ。

そしてカテキンの成分を効率よく摂り入れるための、最適な飲み方も紹介します。

カテキンを含むダイエット茶に挑戦するときの参考にしてみてください。

 

「カテキン」のすごいダイエット効果

緑茶の茶葉

カテキンは大豆やココアなどの食材に含まれている成分

その中でも注目したいのが茶カテキンです。緑茶に多く含まれていて、苦味の元になっています。

 

茶カテキンという成分は、一体どのようなダイエット効果を発揮するのでしょうか。

たくさんの効果がある中で、代表的なものを3つ挙げてみました。

  • 体脂肪をへらす
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 糖質の吸収を抑える

それぞれの詳細を説明していきます。

 

体脂肪をへらす

茶カテキンを飲み続けると、蓄積された体脂肪を徐々に減らしてくれます。

なぜなら、茶カテキンには脂肪を燃焼する効果があるからです。

肝臓での脂質代謝が高まるとエネルギーの消費量が上昇します。

体内の代謝が活性化することで、増えてしまった体脂肪が減るというわけです。

 

気付かぬうちに付いてしまった余分な脂肪。

スリム系女子
ダイエットで効率良く体脂肪を減らすには見逃せない効果ですね。

脂肪の吸収を抑える

茶カテキンには脂肪の吸収を抑える効果もあります。

元々ある体脂肪を減らすだけではなく、食べたものから吸収される脂肪も抑えてくれるのです。

 

通常、食事のときに摂取した脂肪は、体内で分解されることで吸収されます。

けれども分解されなければ吸収することができません

つまり、茶カテキンが脂肪の分解をブロックする働きをするため、結果として脂肪の吸収が抑えられるのです。

 

体脂肪も減らしながら、これから増えてしまうかもしれない脂肪もブロックしてくれます。

茶カテキンの成分を味方につけたら、ダイエットもスムーズに進みますよ。

 

糖質の吸収を抑える

糖の吸収を抑えてくれるのも茶カテキンの効果のひとつです。

食事から糖質を摂りすぎると、血糖値が上昇して最終的には脂肪に変わります。

そこで活躍するのが茶カテキン。

体内に茶カテキンの成分があることで、糖が吸収されるのを抑えます。

そうすることで、太りにくい体づくりができるのです。

 

今では「糖質制限ダイエット」が話題になるくらい、糖質の量とダイエットには密接な関係があります。

ご飯やパン、お菓子やジュースなどがダイエットの敵と言われているのは、糖質が多いからです。

糖質の摂りすぎに気を付けながら茶カテキンの力も借りると、効率的なダイエットが可能になります。

 

ダイエット以外にも効果たくさん!カテキンの様々なメリット

美容健康とお茶

カテキンは健康や美容面にも効果を発揮します。

さまざまな効果があって紹介しきれませんが、その中の一部を以下に挙げてみました。

  • 抗酸化作用
  • 抗ウイルス作用
  • 抗ガン作用
  • コレステロール低減
  • 殺菌・抗菌作用
  • 虫歯・口臭予防

抗酸化作用は若々しさを保つとして有名で、お肌の美しさをキープするために重要な効果があります。

さらに病気になりにくくしたり、虫歯まで予防してくれたりと、カテキンの効果は幅広いです。

 

要するに健康な体やキレイな体を維持するために、その部分に合った最適な効果を発揮するのがカテキンです。

ダイエットしながら他の効果まで受け取れるのですから、カテキンを含むダイエット茶は優秀な飲み物ですよね。

 

カテキンの摂取の仕方

お茶のティーバッグ

カテキンが持つたくさんの効果を効率よく受け取るために、どのような飲み方をしたら良いのでしょうか。

カテキンを摂取するときのポイントとなるのは以下の3つです。

  • カテキン摂取量の目安は「1日540mg」
  • 急須やティーバッグで入れた温かいお茶がベスト
  • 食事前と食事後に飲むと効果大

具体的に見てみましょう。

カテキン摂取量の目安は「1日540mg」

カテキンは1日に540mgの摂取が目安です。

とはいえ540mgとは、どれくらいの量なのか気になりますよね。

たとえば一般的な緑茶の場合、湯呑み1杯で約100mg程度のカテキンが含まれています。

緑茶1杯を基準にすると、1日5杯以上が目安です。

1日の中で食事と一緒に飲んだり、ホッと一息タイムに飲んだりすれば、5杯程度は決して難しい量ではありません。

 

しかし、緑茶の味が苦手でたくさん飲めないという人はどうしたらいいのでしょうか。

そんなあなたは、「ヘルシア緑茶」などの特定保健用食品を選んでみてください。

ヘルシア緑茶は特にカテキン含有量が多く、通常の緑茶の2~5倍のカテキンを含んでいます

飲む量が少なくて済むわけです。

上手にカテキンを摂取するために生活に取り入れてみてくださいね。

 

急須やティーバッグで入れた温かいお茶がベスト

カテキンが含まれるお茶に、緑茶や紅茶を挙げられます。

緑茶も紅茶も、飲むときはホットがおすすめです。

カテキンの抽出量を増やすために、85度以上の熱いお湯で淹れるようにしましょう。

そして、温かいお茶を飲むことで、体の中から温まります。

体が温まると代謝が上がるので、ダイエット効果もさらにアップして一石二鳥です。

 

年中、温かいお茶にするのがベストではあります。

けれども暑い夏だと少し飲みにくいですよね。

もちろん冷たいお茶の場合でも、カテキンの効果は損なわれません。

ですので夏の水分補給として、冷たいお茶やペットボトルのお茶を飲むのは有効ですよ。

 

食事前と食事後に飲むと効果大

カテキンの効果を最大限に受け取るためには、食事前と食事後のタイミングで飲むのがおすすめ。

もちろん食事中に飲むのも効果的です。

 

食事の間と食事の前後に飲むと効果が大きいのは、カテキンに血糖値の上昇を抑える働きがあるから

食事をすると、どうしても血糖値が上昇します。

そのため血糖値が上昇しようとするタイミングで、カテキンが体内で待機している状態であることが大切です。

食事前からお茶を飲んでおけば、糖が吸収される前にカテキンが働いてくれます。

効率の良いダイエットをするなら、食事前から食事後にかけてお茶を飲むようにしましょう。

 

さらにカロリーゼロであることもダイエッターには嬉しいポイントです。

食事中に飲んだとしても摂取カロリーが増えることはありません。

むしろ、お腹が膨れて満腹感を得るのが早くなるので、食事の総カロリーを減らせます。

血糖値の上昇を防ぐ目的の他にも、食事前から飲み始めるメリットがありますよ。

ランキング
ダイエット茶ランキング
【2020年最新】ダイエット茶おすすめ人気ランキングと悩み別商品

スリムで美しい体を手に入れるために、どんなダイエット方法を試していますか? ダイエットのやり方はたくさんありますし、どれが効果的なのか迷ってしまいますよね。 そんな中でもダイエット茶を飲む方法が注目を ...

続きを見る

-効果

Copyright© ダイエット茶で痩せよう!徹底解説.com , 2020 All Rights Reserved.