副作用

ダイエット茶に副作用はあるのか?飲んではいけない人は?

ダイエット茶はダイエットのお供として、とても心強いですよね。 

ダイエットに効果的という口コミもあるので、痩せるための体づくりをするには期待が持てます。

お茶にダイエット効果があるのはわかるけど、副作用はあるの?
一般女子
日常的に飲むものだから、副作用があるようならちょっと心配・・・
スリム系女子

いくらダイエットサポート効果があるとはいえ、「副作用が出てしまうのでは?」と思うと不安になってしまいますよね。

 

基本的にダイエット茶の主成分はお茶ですので、安全性が高く、副作用が出る可能性はとても低いです。

けれどもダイエット茶の中には、副作用に似た症状が起こる可能性がある商品があるのも事実。

そこで今回は、ダイエット茶で副作用が起こるかどうか心配なあなたのために、どんな症状が出る可能性があるのか徹底的に調べてみました。

さらに副作用を未然に防ぐ方法もまとめて紹介します。

この記事を読めば、安心してダイエット茶を取り入れた習慣がスタートできますよ。 

 

ダイエット茶によって起こる副作用は何がある?

ダイエット茶を飲んで起こる副作用には、一体どんなものがあるのでしょうか。

副作用の症状として可能性があるものは以下の5つです。

  • 下痢・腹痛
  • 夜に眠れなくなる
  • 肌荒れや抜け毛
  • アレルギー
  • 妊娠中の胎児への悪影響

 

副作用①「下痢・腹痛」

ダイエット茶には便秘を解消する作用があります

そのため、下痢や腹痛になる場合があるのです。

 

整腸効果の含まれるものは、腸が正常な働きができるように促してくれます。

この効果のおかげで便秘や宿便が解消されてスッキリできます。

整腸作用によって軽い腹痛があるかもしれませんが、元の姿に戻ろうと効果を発揮しているところなので気にしすぎることは無いですよ。

 

またダイエットティーの中には、「センナ」という下剤作用の成分が含まれているものもあります。

医薬品の下剤と同じ作用があります。

センナは他の成分に比べて効果が高く、飲みすぎると下痢になる場合がありますので注意が必要です。

 

下痢や腹痛と聞くと、飲むのが不安になってしまいますよね。

でも、すべての人がそうなるわけではありません。

体質によって個人差はありますが、ダイエット茶の成分が効きすぎると、症状が出ることが多いようです。

なので、初めてダイエット茶を飲むときは、

  • 少量から飲んでみる
  • 飲む頻度を少なめで様子を見る

といった方法で摂取すればより安心ですね。

 

副作用②「夜に眠れなくなる」

ダイエット茶の中には「カフェイン」が含まれているものもあります。

そのため夜に眠れない症状が出ることも。

カフェインは脳の覚醒作用があり、眠気を覚ましたり、頭をすっきりしたりする効果があります。 

カフェインの特性を知って、うまく取り入れていくと良い効果が生まれます。

 

しかし飲む時間帯には注意が必要です。

夜に飲んでしまうと、カフェインが寝るときまで残ってしまいます。

すると次のような症状が・・・

  • 眠れなくなる
  • 寝つきが悪くなる
  • 浅い睡眠になる

うまく深い睡眠が取れないと、自律神経のバランスが崩れ、体調不良の原因にも繋がります。

せっかくのダイエット茶も、体調を崩してしまっては効果が見込めません。

ですのでカフェインの摂取は適量に留めておくようにしましょう。

 

一般的にカフェインの摂取量は、1日に約400mgが限度と言われています。

これはコーヒー4杯分くらいの量です。

とはいえ、体質的にカフェインが体に効きすぎる人もいます。

自分の体調と相談しつつ飲んでいくのがおすすめです。

 

とはいえダイエット茶の場合は、カフェインが含まれていても微量であることが多く、がぶ飲みしたところでカフェイン中毒になるほどの量ではありません。

あまり神経質になる必要はなく、1日に飲める量を確認した上で、飲み過ぎないように注意していきましょう。 

 

副作用③「肌荒れや抜け毛」

ダイエット茶は効率よく痩せやすい体をつくるために、「デトックス効果」「吸収抑制効果」があります。

体の中に残っている不要な老廃物を排出し、食事から摂った余分な成分を吸収しないようにブロックしてくれるのです。

 

デトックスディーのデトックス効果はダイエットの効率を高めるためには有効です。

しかし、必要な栄養素まで体に吸収されず、そのまま体外に排出してしまう場合があります。

長らく栄養を吸収できない状態が続くと、栄養失調のような症状が出ることがあります。

わかりやすい症状は肌荒れ抜け毛です。

ビタミンやミネラルなどの栄養をしっかり体内に取り込むことで、元気な肌や髪の毛のコンディションを整えてくれています。

栄養が不足してしまったら、必要なところまで届けることができなくなるのです。

 

この他にも、栄養が足りないと体の抵抗力が落ちるため、

  • 風邪になりやすい
  • 体がだるい
  • 貧血

などの症状が見られることがあります。

ダイエットの結果を出すのも大切ですが、それ以前に健康な体を失いたくないですよね。

無理な食事制限と一緒にダイエット茶を飲むと、栄養不足になる可能性がありますので気を付けていきましょう。

補足メモ

肌荒れになったときは「好転作用」が出ている場合もあります。ですので一概に「肌荒れしたから悪い作用」とは言えないのです。

「好転作用」とは、体内の毒素が排出されていく過程で、一時的に症状が悪化したように感じる状態です。

これは症状が良くなる前のお知らせです。

副作用④「アレルギー」

ダイエット茶は、当然お茶として飲んで身体の中に取り込むので、「アレルギー」の危険性があります。

お茶に関する"アレルゲン"(=アレルギーの原因物質)の代表例に、「カフェイン」が挙げられます。

紅茶アレルギーも有名ではありますが、その中身は実はカフェインアレルギーです。

ダイエット茶の種類によっては、カフェインがある程度含まれているものもあります。

少量のカフェインでもアレルギー反応が出てしまうことがありますので、ダイエット茶の成分をよく確認するようにしましょう。

 

また、ハーブ類がアレルゲンとなる可能性もあります。

特にキク科のハーブは注意が必要です。

ブタクサなどの花粉症を持っている人は、キク科のハーブを飲むことによってアレルギー症状が悪化する場合があります。

アレルゲンとして知られているハーブ・お茶の例

  • カモミール
  • ブタクサ
  • セージ
  • バジル
  • そば(そば茶)

該当のアレルギーがある人は、「ハーブだから大丈夫」と過信せずに、よく成分を調べてから飲むようにしてくださいね。

 

副作用⑤「妊娠中の胎児への悪影響」

カフェインを摂取すると、赤ちゃんの発育不良が起こったり、将来の健康リスクが高くなったりする可能性があります。

大量のカフェイン摂取は、赤ちゃんの発育に必要なビタミンやミネラルを十分に届けられなくなります。

すると低体重児になってしまうことも・・・

厚生労働省や様々な保健機関からも注意喚起が出ています。

国によっては、カフェインの量を1日200mg以下に抑えるように規制しているところもあります。

200mgというと、「マグカップでコーヒー2杯程度」の量です。

参考:「食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~」(厚生労働省)

 

なるべくお腹の赤ちゃんに影響するリスクは避けたいですよね。

カフェインはコーヒー以外にも緑茶や炭酸飲料にも含まれています。

過剰に摂取しないように気を付けていきましょう。

 

また一部のハーブティー・ブレンドティーにもカフェインが入っているものがあります。

ハーブティーは天然素材からつくられているからといって、安心して何も確認しないのは要注意です。

中には子宮収縮作用を持つものもあり、最悪の場合は流早産に繋がることも考えられます。

 

でも妊娠中や授乳中でも、やはりママの体形の変化は気になるものですよね。

「ダイエット茶を飲むにはまだ早いか・・・」と諦めなくても大丈夫。

ダイエット茶の中にはノンカフェインで安心して飲める商品もあります。

赤ちゃんがいても影響のないダイエット茶を選んで、痩せるための体づくりを始めていきましょう。

妊娠中でも安心して飲めるダイエット茶「プーアール茶」の詳細はコチラ

ダイエット茶による副作用を防ぐ方法

ダイエット茶から副作用が起こるかもと思うと、飲むのも不安になってしまうものです。

しかし、上記の副作用はすべての人に起こるわけではありませんので、神経質になる必要は全くありません。

それでもやはり心配になっているのなら、次に紹介する「副作用を防ぐ方法」を知っておけば安心です。

  • 決められた飲み方をする
  • 標準よりも薄めでお茶を作る
  • 少しずつ複数に分けて飲む
  • 原材料や製造方法を明記しているものを選ぶ
  • 副作用の口コミが多いものは避ける

これらを守っていけば、副作用のリスクを最小限に抑えることができます。

安心してダイエット茶を飲み始められますよ。

 

「決められた飲み方」を守る【原則】

ダイエット茶それぞれに、決められた飲み方があります。

ダイエット茶の効果が強すぎて副作用が起こらないように、あらかじめ分量が定められているのです。

  • 飲む量
  • 作り方(煮出し・水出し)
  • 飲む頻度
  • 飲む時間

ダイエットの成果を急ぐあまり、規定量を大幅に超える量を短期間に飲んでしまうと、副作用が出る可能性があります。

決められた飲み方を守って、急がず焦らず、じっくり飲んでいきましょう。

 

お腹がゆるめの人は「標準よりも薄め」にお茶を作る【下痢防止】

普段からお腹がゆるめ体質の人は、下痢っぽくなりやすいので、ダイエット茶の整腸効果が強すぎる可能性があります。

でもお腹がゆるめだからといって諦めるのはまだ早いです。

ダイエット茶を飲んでスリム体型を目指したいですよね。

心配なら標準より薄めにお茶を作ってみましょう。

薄めに作る方法は二通りあります。

  • 抽出する時間を短くする
  • お湯の量を増やして薄くする

黒モリモリスリム 濃さの調整

たとえば黒モリモリスリムの場合、1包ごとの抽出する時間を短くすると成分が薄くなります。

薄くなったとしても、しっかりと効果を受け取れますよ。

飲んでみないことには、どんな症状が出るかわかりませんので、抽出時間を短めにして様子を見ると安心です。

 

また、標準より薄めのお茶を大量に作ってストックしておく方法もおすすめです。

1包を1杯だけ抽出してすぐ捨ててしまうのは、もったいないですよね。

お湯の量を増やして多めにダイエット茶を作っておけば、1包あたりの量が多く飲めるのでコスパも良くなります。

冷蔵庫で保存しておけば、その都度作る手間もありません。

少量ずつ分けて飲むこともできます。

体質や体調に合わせて調整ができるので、体に負担をかけることなく飲めますよ。

標準より薄めでダイエット茶を作って、こまめに飲んでみてくださいね。

 

一度に大量には飲まず、少しずつ飲む【適正な濃度を維持】

ダイエット茶を一気に飲むと、成分が急激に体に吸収されていきます。

そのため体が対応しきれずに強い作用が出ることがあります。

ダイエット茶を飲むときは、一度に大量に飲まないように気をつけていきましょう。

血中カテキン濃度のグラフ

引用:医薬基盤・健康・栄養研究所

上記の図の通り、一度に大量に飲むより、少量ずつ数回に分けて飲んだほうが「成分の有効な濃度を長く維持できること」がわかっています。 

ダイエット茶の場合も、同様のことが言えます。

一気に1杯飲んでしまうより、少量ずつ飲んでいくほうが、体内で成分の効果が持続しやすいです。

コップ1杯の量を1日の中で複数回に分けて飲むなど工夫していくと、副作用の症状を防ぎながら、より高い効果を得られますよ。

 

原料や製造方法がちゃんと示されている商品を選ぶ

体の中に取り入れるものですから、安心・安全な商品を選びたいですよね。

ダイエット茶の種類はさまざまありますが、原料や製造方法がちゃんと表記されている商品を選ぶようにしましょう。

 

ブレンドティーの中には、何の種類の茶葉がブレンドされているか明記されていない商品もあります。 

基本的に、原材料の表記のがあいまいな商品はNGです。

原料がわからないと、どんな症状の副作用が出るのか想定できませんし、アレルゲンの特定もできません。

 

さらに安全に関わる情報が、商品ページに記載されているか確認するようにしましょう。

たとえば、

  • 国産茶葉使用
  • 国内工場で製造
  • 残留農薬検査

などなど。

しっかりとした工程を経て商品をつくっているなら、商品ページに上記のようなPRが書かれている場合が多いです。

販売元も、安心・安全な商品で高い品質であることをアピールをしたいはずですから。

逆に考えると、その記載がない商品ということは、もしかしたらそこまで原料にこだわっておらず、製造工程の管理も不十分な可能性があります

原料や製造方法の書かれていない商品は、飲むにも不安になってしまいますよね。

安心・安全に対する記載がきちんとされていない製品は要注意です。

 

「副作用の口コミが極端に多い商品」は避ける

体質は人それぞれですし、個人差があるものです。

そのため人によっては、体に合わずに下痢や腹痛を起こすことも十分に考えられます。

悪い口コミが書かれているレビューは、その人の

  • 「体質に合わなかった」
  • 「決められた用量を守らずに飲んだ」

など、個別の事象として起こった場合がほとんどなのが実情です。

なので、どんなに人気で素晴らしい商品であっても、悪い口コミやネガティブな口コミは少なからず出てきてしまうものなのです。

 

とはいえ、あまりにも悪い口コミが多い商品は避けた方が良いでしょう。

似た内容の副作用報告がいくつかあったり、ほとんどが悪い口コミで投稿されていたりするなら注意が必要です。

作用が強すぎて、どの人でも同じ副作用が出るのかもしれません。

口コミを確認して、悪いレビューが極端に多い商品はあらかじめ避けておくと安心です。

スリム系女子
当サイトでも、口コミは商品の良否判断の指標として用いています

 

一方で、ごくまれに悪い口コミがないものもあります。

たとえば、

  • 発売直後の商品
  • 副作用はないが、ダイエット効果もそれほどない商品

などです。

発売直後の商品であれば、良い口コミも悪い口コミも、それほど出てこないでしょう。

もし飲んでみたい商品が発売直後であれば、口コミが出てくるのを少し待ってもいいかもしれませんね。

そして、副作用もダイエット効果もないものは、原料の成分が薄いのかもしれません。

本来なら何かしら悪い口コミがつくはずですが、ほとんどないのは不自然です。

そもそも成分が薄くて効果が得られない商品は、ダイエット茶としてどうなのか疑問になりますね。

 

ダイエット茶の副作用まとめ

ダイエット茶は基本的にただのブレンドティーですので、安心・安全な飲み物です。

しかし1回で大量に飲みすぎたり、濃いめの抽出で作りすぎたりすると、副作用の症状が出ることがあります

副作用には、お腹がゆるくなったり、夜眠れなくなったりするなどの症状があります。

けれどもそれは、体質や個人差によるものが大きく、すべての人に起こるものではありません。

人によって合う、合わないは当然あります。

もし飲んでみて合わないことがわかれば中断すればOKです。

まずは始めてみないことには何も変わりませんので、スリムな体型を目指してお試し感覚で挑戦してみましょう。

 

-副作用

Copyright© ダイエット茶で痩せよう!徹底解説.com , 2020 All Rights Reserved.